研究課題1

PBTとCBT同じ趣旨の問題でも
出題形式が変わると正答率は異なるのか?

PBTとCBTの違いを調査する【研究1】「焼き直し研究」

ペーパーテストの形式と同じ問題を動画などに変えたCBTとの違いは?

説明説明説明説明説明説明説明説明説明説明

「焼き直し問題研究」調査の組み合わせ

 本研究を行う際には、①全国学力・学習状況調査をそのまま実施するPBT群(PBT群)、②全国学力・学習状況調査をそのまま実施するPBTをタブレット端末などでそのまま閲覧する形のPBTをシステムにそのまま移植しただけ(画面上でPDFを見ているような出題で、解答は端末上で行う*記述を除く)の群(PBT移植群)、③全国学力・学習状況調査の出題趣旨はそのままで、文字の多い問題を動画やアニメーションを入れた群(CBT-1群)、④全国学力・学習状況調査の出題趣旨はそのままで、文字の多い問題を動画やアニメーションを入れたものに、さらに文章をナレータが読む群(CBT-2群)の4つのグループを設定。
 原則は、同レベル群(同じ学校)を可能な限りこれらの組み合わせを調査することにした。

紙の問題を移植する場合、出題形式は大幅に変化しない

 紙の問題のままCBT化しても、出題方法についてCBTの良さを十分に活かし切れていません。なぜならば、紙ベースで出題する時点で児童が答えられる、説明できる範囲を狭めてしまっているからである。メリットとしては、長い文章を動画やアニメーションで視覚的に情報が提供できるので理解しやすい、解答時に集計が早いという点である。